ハロウィンは白雪姫の仮装がしたい!そんなお子さんと一緒に手作りを

みなさんは、ハロウィンのイベントを楽しんでいますか?

最近では、日本でもハロウィンが秋のイベントの定番となってきています。

ですから、今年はハロウィンイベントに子供と一緒に参加しようと思っている方もいるかもしれませんね。

そして、子供たちが楽しみにしているのが仮装です。

とくに女の子はプリンセスに憧れて仮装をしたいという子も多いでしょう。

そんなプリンセスの中でも可愛い白雪姫の仮装がしたいお子さんをお持ちのお母さんへ。

今回はお子さんと一緒に手作りできる白雪姫のハロウィン仮装の衣装を御紹介しようと思います。

白雪姫のスカートはチュチュで作れる

さっそく白雪姫の衣装を作りましょう。

白雪姫の衣装といえば、黄色いスカートに胸の部分が青いドレス。

赤いリボンという印象ですね。

そんな白雪姫のドレスを作るにはチュチュが簡単。

お裁縫が苦手な人だって大丈夫。

切って結んでいくだけのチュチュで可愛いドレスを作りましょう。

image0012

材料

子供用のチューブトップ(コロッシェ編みのブルー)

オーガンジー生地(黄色かレモン色)

サテンのリボン(太めの赤とブルー)

作り方

1.オーガンジーの生地をくるくると巻いて棒状にします。

2.棒状になったオーガンジーの生地を5センチ幅位で切っていきます。

3.チューブトップの網目に一つ一つオーガンジーの生地を結び付けていきます。

  結び方はリボン状になったオーガンジーの生地を半分の長さに折ります。

  オーガンジーの輪っかの部分を網目のひとつから少しだし、そこに反対側のオーガンジーの端を通してひっぱります。

  ギュッと結んでいきましょう。

4.チューブトップの上部に肩ひもとなるサテンリボンを通します。

  前身頃になる部分は両側からリボンを通して、背中部分は中央に2本をまとめて通します。
 
  後ろで両側からきたリボンを大きなリボン結びにすると可愛いです。

  この時、リボンは赤とブルーのどちらかを太目にして、もう一本を重ねるようにするとより白雪姫のドレスらしくなります。

これで、白雪姫の衣装が完成しました。

  [スポンサードリンク]

チュチュドレスの下に着るスカートを作る

チュチュドレスはふんわりして、ボリュームがありとっても可愛いのですが難点は細いオーガンジーを重ねているだけなのでお転婆な女の子の場合は足が見えてしまったりすること。

そこで下に着るスカートもいっしょに作ることをオススメします。

下にはくスカートもとても簡単につくれます。

材料

チュチュと同じカラーのサテン生地(チュチュより少し短め)

ゴムひも

作り方

1.布を二つに折って端と端を縫い合わせて輪っかにします。

2.ゴム通しを作ります。

  上から2センチ位を三つ折りにして縫います。

  ゴムを通せるように1.5センチぐらいは縫わずに開けておきましょう。

3.ゴムひもを通します。

  お子さんのウエストに合わせてゴムを絞って結んだら出来上がりです。

このスカート下を履くことでチュチュにもボリュームがでますし、下着が見えたりしないので安心です。

白雪姫の仮装の髪型は?

せっかく可愛い白雪姫のドレスを手づくりしたら、ヘアスタイルまで完璧にしたいですよね。

そこで髪の毛のアレンジもご紹介しておきましょう。

ロングヘアのお子さんの場合

1.まずは二つにかみの毛を分けましょう。

2.左右両側にトップから裏編み込みをしていきます。

  最後は三つ編みにしてゴムでむすんでおきます。

3.ここで出来た裏編み込みをすこしほぐしていきましょう。

  ほぐすことでボリュームが出てきますがやりすぎには注意しましょう。

4.二つの三つ編みを結ぶようにしてうなじの上のあたりにまとめてピンで留めます。

5.太めの赤いサテンリボンでピンを隠す様にしてトップの左右どちらかに寄せてリボンを結びます。

これで出来上がりです。

ショートヘアのお子さんの場合

ショートヘアの場合には、ヘアアイロンでくるくるとカールさせてあげましょう。

そして、バランスをみて毛先をピンで留めます。

そこにロングヘアと同じように太めの赤いサテンリボンを結ぶと可愛いスタイルの出来上がりです。

ハロウィンの仮装は、ドレスもヘアスタイルも本格的。

でも、実はあまりコストがかかっていない方も多いんですよ。

ぜひ、トライしてみてくださいね。

ハロウィン仮装の白雪姫の衣装を手作りすることについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ハロウィン仮装に白雪姫になりたい女の子のお母さんにおすすめの手作り衣装の作り方を御紹介しました。

準備するものは少なくて、とっても簡単なので裁縫が苦手な方でも安心です。

スカート下の方は少しミシンで縫わなくてはいけないのですが、まっすぐ縫うだけなので簡単です。

ぜひ、トライしてみてくださいね。

ドレスのデザインは、自由なのでボタンをつけてみたり造花をつけてみたりアレンジを楽しんでください。

この手作りドレスを実際に着ている海外の女の子を見たことがありますが、本当に可愛いですよ。