ハロウィンで仮装した子供たちへ配るお菓子の準備とおすすめは?

10月の楽しみと言えばハロウィンです。

ハロウィンといえば、仮装した子供たちが家々を周ってくるのでお菓子を配りますね。

日本では、なかなか突然仮装をした子供たちが訪れることはありませんね。

事前の子供会や町内会で決められたルートを周ることが多いので、そこで了承するかしないかだと思います。

もしも、可愛い仮装をした子供たちを見るのが楽しみなら、ぜひ参加してみてくださいね。

今回は、ハロウィンで仮装した子ども達へ配るお菓子の準備やおすすめのお菓子などについてご紹介しようと思います。

ハロウィンでお菓子をあげるタイミングは?

ハロウィンで配るお菓子

ハロウィンは、ご存知の通り毎年10月31日です。

ハロウィンは、もともと秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う宗教的な行事でした。

現在では、アメリカの民間的な行事となっているイベントです。

このハロウィンに子供たちはゾンビやお化けなどに仮装して「トリック・オア・トリート」と唱えながら家々を訪れます。

「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」という意味なんですね。

これが日本にもここ最近伝わってきたものです。

ということで、子供たちが家を訪れるのは10月31日です。

地域などでハロウィンイベントを開催される場合には、事前に何時から何時までに周ること。

などの約束事も決められています。

実際に仮装をした子供たちが家に訪ねてきたら、「お菓子をあげるからいたずらはやめてね」などど言葉をかけましょう。

もちろん「HAPPY HALLOWEEN」でもOKです。

もし余裕があれば、子供の仮装を見て「魔女さん、ハッピーハロウィン!」などと言ってあげると子供が喜ぶでしょう。

  [スポンサードリンク]

ハロウィンで配るお菓子は何がいい?

子供たちが訪ねてくるのを楽しみに、お菓子を準備しなくてはいけません。

では、どのようなお菓子を選べばいいのでしょうか?

ハロウィンで配るお菓子を選ぶ際のポイントとして大切なのが小分けにできるものを選ぶことです。

子ども達は、たくさんの家を周ることになるのであまり大きなお菓子でも困ってしまいます。

ですから、小さ目のお菓子を1つか2つずつで構いません。

小分けできるクッキーやチョコレート、マシュマロ、キャンディー、おせんべいなどがよいでしょう。

クッキーなどのお菓子を手作りしようと考える方もいるでしょう。

けれども、気をつけなくてはいけないのが多くの方に配るものですから、手作りでなにかあった場合には困ります。

とくに最近は食物アレルギーのお子さんも少なくないので、手作りだと材料がわからないことも問題になります。

手づくりする場合には、原材料も記載できると良いでしょう。

E1410227383107_1

ハロウィンのお菓子を可愛くラッピング

ハロウィンで配るお菓子を準備できたけれど、ラッピングがイマイチ。

そんな時は、ハロウィンのお菓子もかわいくラッピングしましょう。

ハロウィンカラーと言えば、オレンジと黒

小さなセロファンで可愛く結んだら、オレンジや黒のリボンやマスキングテープなどで留めるだけでハロウィンらしくなります。

ハロウィンのお菓子を大量に用意する場合

近所の子供たちがすこし訪ねてくるぐらいなら、そんなにたくさんのお菓子を準備する必要はありません。

でも、子供会や町内会で多くの子ども達が訪ねてくる場合には大量のお菓子を準備しなくてはいけません。

そんな時は、業務用のお菓子がオススメでしょう。

また、最近ではコストコなどでも大量にお菓子が入った袋が販売されているので便利です。

ハロウィンでお菓子をくばるのに、費用が負担になると大変ですからあまり無理しない範囲のお菓子にしましょう。

ひとつは小さくてもたくさんの家を周ることで、最後にはバスケットはお菓子でいっぱいになるので心配することはありません。

ちなみにアメリカではハロウィンシーズンになると普段から売られているお菓子もハロウィン仕様になります。

ハロウィンのかわいいイラストやカラーの袋に入れられているので、そのまま配っても可愛いのが嬉しいですよね。

日本でもここ最近、ハロウィンのイベントも一般的になってきているので可愛いお菓子も増えていくでしょう。

ハロウィンで子供たちに配るお菓子についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ハロウィンで仮装した子供たちに配るお菓子についてご紹介しました。

さまざまなイベントに参加するとお菓子をたくさんもらえる子ども達。

ですから、1件で配られるお菓子は小さなもの1つでもとくに問題はないです。

キャンディーの袋を1つか2つ、準備しておいて1つずつ配るのもいいですし、クッキーをひとつずつ配ってもいいでしょう。

お菓子を配る側としては、次回も楽しめるように費用であまり負担を感じない様なものを選ぶようにしましょう。

無理をせずに楽しむことが、子供たちにも大人にも毎年ハロウィンを楽しむためのお約束になると思います。