ハロウィンの仮装に欠かせないバッグを手作りしちゃおう!

10月の一大イベントといえば、ハロウィンです。

ハロウィンには子供たちは仮装して「トリック・オア・トリート」を言いながら家々を周ったり、イベントに参加したりしますね。

そこでお母さんたちは仮装の準備をしたりして大変です。

そして、忘れてはいけないのがハロウィンに仮装をして周る時にお菓子をいれるバッグ。

最近では、市販のかわいいバッグもたくさんありますができるだけコストを抑えたいなら手作りもおすすめです。

今回は、ハロウィンの仮装に欠かせないバッグを紙や布を使って手作りする方法をご紹介しようと思います。

画用紙でつくるかぼちゃのバッグ

やっぱりハロウィンバッグと言えば「かぼちゃ」

ということで、画用紙でかぼちゃのバッグを作ってしまいましょう。

まずは材料から。

・B4サイズのオレンジ色の画用紙3枚

・顔のパーツを作る黒の画用紙(小さめ)

・可愛い柄のお好みのマスキングテープ

・ホッチキスとはさみ、セロテープ

・木工用ボンド

  [スポンサードリンク]

では、さっそく作っていきましょう。

1.画用紙の1枚を縦に4等分に切ります。

2.2枚で1組を十字になるようにセロテープで貼り合わせます。

3.2組の十字を重ねてずらし、八方に画用紙がでるようにしたら貼り合わせます。

4.別の紙を幅8.5cm、3.5Cm、5Ccmに縦にカットします。

5.5センチ幅に切った画用紙を縦半分に折ったら手で伸ばしてカーブさせて持ち手を作ります。

6.3.5Cm幅の画用紙は、のりしろ1センチ位とり輪を作って貼り合わせます。

7.持ち手を輪っかに取りつけます。

  持ち手はホッチキスで輪っかにとめますが、出来るだけ下につけましょう。

8.3で作った十字を貼り合わせたものの画用紙の先を1センチぐらいずつ折っておきます。

9.7で作った持ち手に十字をの画用紙を外側から輪にかけるようにつけていきます。

  全体のバランスを見ながら均等に並べたらセロテープで内側と留めていきましょう。

10.8.5Cm幅に切った画用紙を輪っかにして内側に貼りつけます。
  
  この時、見えても可愛い柄のマスキングテープで上から貼りつけるようにするとよいでしょう。

11.これでバッグが完成しました。

  あとは、黒の画用紙でかぼちゃの目、鼻、口を作ってボンドで着ければ完成です。

かぼちゃらしい丸みのある可愛いバッグの完成です。

慣れればとても簡単なのでお子さんといっしょに作ってみてもよいかもしれません。

31jeHkCUHrL._SY355_

フェルトでつくるかぼちゃのバッグ

それではつぎに、ちょっと本格的なかぼちゃのバッグをフェルトで手作りしてみましょう。

用意するもの:

・フェルト(オレンジ、茶色、黄緑色)

・刺繍糸(黄色、クリーム色)

・厚紙

作り方:

1.まずは、厚紙をかぼちゃの形にカットしていきます。

  フェルトの大きさにもよりますが、だいたい10センチ×9センチぐらいがおすすめ。

  口に目と口のパーツを切り抜いておきます。

2.オレンジと茶色のフェルトを型紙に合わせて切ります。

  ※各2枚ずつです。

3.オレンジのフェルト1枚に型紙を置いて、目と口をカッターで切り抜きます。

4.つぎに茶色のフェルトで目と口を切り抜いた部分に重ねて周囲を縫います。

5.もう一枚のオレンジと茶色のフェルトも重ねて、かぼちゃに見えるように縦に2本ステッチを縫います。

6.べつの茶色のフェルトを約4センチ幅、長さ40センチにカットします。

  これを半分の幅におったらかぼちゃの周りにそって縫い付けます。

7.これを1周縫い付けるとマチと持ち手が出来上がります。

8.最後に黄緑のフェルトを葉っぱの形にカットしてワンポイントで持ち手に付ければ出来上がり。

とっても可愛い本格的なハロウィンバッグになります。

この方法は、同じような作りかたで黒猫を作ったり、お化けの形で作ったりとアレンジも自由自在です。

小さめに作ってお菓子を入れて友達にプレゼントするのもいいかもしれません。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

自宅にあるもので簡単ハロウィンバッグ

ここまで紹介した以外にも、自宅にある材料で簡単にバッグは作れます。

たとえば、白い紙袋をオレンジの絵の具で塗って、乾いたら黒でかぼちゃの目、鼻、口をつけてもOK.

さまざまなアイデアで簡単バッグを楽しんでみましょう。

手づくりハロウィンバッグのまとめ

いかがでしたか?

今回は、手作りハロウィンバッグについてご紹介しました。

仮装の衣装は決まったけれど、バッグは準備していなかった!!

そんな経験をしたことがあります。

自宅にあるものと言えば白い紙袋。

ということで、娘と一緒に絵の具でぬって、かぼちゃのバッグを作ったこともあります。

アイデア次第で自分オリジナルのハロウィンバッグが作れることにその時気づきました。

切羽詰まった時の人間って意外な力を発揮しますよね。

ハロウィンバッグなら何度も使えるので購入してもいいのですが、せっかくなのでお子さんと一緒に手作りしてみてはいかがでしょうか?