縫わずに作れるチュチュで簡単可愛い子供のハロウィン仮装!

女の子の大好きなチュチュスカート。

10月31日のハロウィンでは、チュチュをアレンジした可愛い仮装を楽しんでみたいものです。

でも、わざわざチュチュを購入するのはもったいない。

そう考えるお母さんも少なくないでしょう。

ハロウィンは子供に可愛い仮装をさせてあげたいけれど、出来るだけコストは抑えたい。

そんなお母さんにおすすめなのが縫わずに作れる簡単チュチュ。

お気に入りのカラーで簡単に作れるので、ハロウィン仮装も思いのまま。

ということで、今回は縫わずに作れる簡単チュチュの作り方やハロウィン仮装のアレンジを御紹介しましょう。

縫わずに作れるチュチュの作り方

  [スポンサードリンク]

それでは、さっそく縫わないで作れるチュチュの作り方をご紹介しましょう。

準備するもの

お好みのオーガンジー生地

リボンまたはゴム

ハサミ

作り方

1.お好みのオーガンジー生地をくるくると丸めて棒状にします。

  この方がカットしやすいのでおすすめです。

  そして、お好みの幅にカットしていきます。

2.カットしたオーガンジーをリボンかゴムに結んでいきます。

  ウエストにするリボンは、子供のウエストのサイズに合わせて両サイドはリボン結びできる長さにカットしておきましょう。

  ※オーガンジーを結び付ける時には、オーガンジー生地を二つ折りにしてリボンの上に輪っか部分を置きます。

  輪っかをリボンを挟むようにリボンの下にもっていきます。

  リボンの下に出来た輪にオーガンジー生地の端を通します。

  ギュッと引っ張れば1本がリボンに結ばれます。

これをウエストのサイズに合わせて、どんどん結びつければ出来上がりです。

ウエストにゴムを使う場合にはウエストに合わせて縫い合わせておっくと良いでしょう。

手づくりチュチュを使ってできるハロウィン仮装

では、作ったチュチュを活用してハロウィン仮装をしていきましょう。

「黒いチュチュ」には黒いトップスと黒のタイツを合わせて。

 猫耳のカチューシャや尻尾もつけて、猫の仮装の完成です。

「白のチュチュ」には白いTシャツを合わせて。

 白のTシャツには黒のフェルトで目や口をつければ、可愛らしいお化けの仮装の完成です。

「カラフルチュチュ」には、白いTシャツを合わせて。

 鼻を赤く塗れば、可愛いピエロの完成です。

「オレンジのチュチュ」には、オレンジのTシャツを合わせて。

 オレンジのTシャツに黒のフェルトで目と口をつければ、可愛いかぼちゃのお化けの仮装の完成です。

「赤いチュチュ」には赤いTシャツを合わせて。

 エルモの目や口、鼻をフェルトでつければ、可愛いエルモの仮装の完成です。

hellow3

丈を長めにして肩紐つけてチュチュドレス

簡単に作れるチュチュはスカートだけでなく、丈を長めにするとチュチュドレスも作れます。

チュチュドレスの作り方は簡単で、チュチュスカートを作るよりも長めのオーガンジー生地を結んでいきます。

そして、オーガンジーの結び目の間にサテンのリボンをくるくると巻いていきます。

これで結び目が縁取りされて上品でエレガントな印象になります。

そのリボンをそのままホルターネック風にアレンジしてリボン結びをすれば完成です。

チュチュドレスがあれば、ハロウィンの仮装もさらに幅が広がります。

水色のチュチュドレスでシンデレラの仮装も。

ピンクのチュチュドレスでオーロラの仮装も。

欲しいカラーのオーガンジー生地が手にはいれば、アレンジは自由自在です。

アレンジを考えるのが楽しみになりますね。

チュチュの下に履くものは?

せっかく作ったチュチュですが、透け感があるので下には何を履けばいいのか気になりますね。

チュチュの下には、手持ちの短めのスカートをはいてもいいし、レギンスなどを履くのもいいでしょう。

でも本格的なチュチュにしたいなら、サテンのスカートをはくのもオススメです。

裁縫が多少出来る方なら、サテンスカートも簡単に手作りできますので挑戦してみてください。

サテンのスカートを履くことで、チュチュにもボリュームがでるのでより可愛らしくなります。

また、チュチュのアレンジとしてはオーガンジー生地を結んだり三つ編みをしてしばらく置いておき、解くとふわふわになります。

さらにオーガンジー生地とサテンリボンを合わせると、すこし印象の違うチュチュもできます。

仮装したいキャラクターなどに合わせて、色選びからアレンジまで自由自在なのが手作りチュチュのいいところですね。

縫わずに簡単手作りチュチュのハロウィン仮装についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、縫わずに作れるチュチュの作り方とそのチュチュを使ったハロウィン仮装のアレンジについてご紹介しました。

布を切って結びつけるだけなので、裁縫が苦手な方でも安心ですね。

色やアレンジによってさまざまな仮装ができて、みんなにちょっと差をつけることができるかも。

さらにハロウィンだけでなく、発表会などにも活用できるので、ぜひ作り方を覚えておいてくださいね。